Googleアナリティクスの「集客」メニューを見てみよう!【ユーザーの経路丸わかり】


 今回はGoogleアナリティクスの「集客」メニューについて紹介していきたいと思います。「集客」メニューで分かること…、それはズバリユーザーの訪問経路です。このメニューを見れば、「ユーザーがどのようにして自分のウェブサイトに来てくれたのか?」が一目瞭然です。ちなみに、ユーザーがあなたのウェブサイトを訪れる直前に見ていたページを「流入元」と言います。「どこからサイトに来たか」ということですね。大事な用語なので覚えておきましょう!

 ユーザーの訪問経路を具体的に知ることで、弱い流入元への対策も容易になります。では早速流入元の詳細と確認方法を見ていきましょう。

 

4つの主な流入元

 ウェブサイトへの流入元、大きく分けて4種類あります。確認方法を学ぶ前に、まずは流入元の内容について理解を深めておきましょう。

 

Organic search:

GoogleやYahoo!などの検索エンジンからのアクセス 

 

Social:

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアからのアクセス

 

Direct:

URLの直接入力や、メルマガ、ブックマークなどからのアクセス

 

Referral:

外部サイトに貼られたリンクからのアクセス。なお、外部サイトはOrganic searchとSocialを除いたものを指します。

 

流入元の調べ方

 では実際に流入元を調べてみましょう。

・Googleアナリティクスにログイン後、「レポート」→「集客」→「サマリー」の順にクリックしていきます。

 

 

・「上位のチャネル」に表示されている円グラフを見ると、主要4種を中心とした流入元の割合を確認出来ます。

 

 

・「サマリー」のページを少し下にスクロールすると、以下のような表が出てきます。この表の各項目をクリックすると、その流入元の具体的な内情を知ることができます。

 

 

Organic Searchを見てみよう

・「サマリー」の表の「Organic Search」をクリックすると、以下のページに飛びます。ここでは検索エンジンからの流入のなかでも、「どんなキーワードで来てくれたか」が分かります。下の表の「キーワード」のところです。

 この表、「(not provided)」がやたら多いのが少し気になりますね…。実はこれ、主にGoogle検索からの流入を示しているケースが多いです。というのも、Googleは現在、ユーザーが検索した際のキーワードを分からないようにしているからです。逆に、具体的な検索ワードが表示されているものはGoogle検索以外からの流入ということになります。

 

・さらに、画面上部の「参照元」をクリックすると、どの検索エンジンからサイトを訪問したかが分かります。

 

 

Socialを見てみよう

 「サマリー」の表の「Social」をクリックすると、どのソーシャルメディアから流入しているかが分かります。

 

 

Referralを見てみよう

 「サマリー」の表の「Referral」をクリックすると、Organic SearchとSocial以外のどのサイトからあなたのウェブサイトを訪問しているかが分かります。少し分かりにくいですが、下の画像のモザイク部分には各サイトのURLが記載されています。 

 

Directを見てみよう

 「サマリー」の表の「Direct」をクリックすると、URLの入力やメルマガからなど、直接あなたのサイトに来るきっかけとなるページやコンテンツを知ることができます。

 「(not set)」は「Googleが取りたくても取れなかったデータ」を示しています。

 

おわりに

 「集客」メニュー、役に立ったでしょうか?ユーザーの訪問経路を知ることで、より質の高いサイトの改善に取り組んでいきましょう。ではまた!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

20 + one =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)