【知らなきゃ損!】AIアナリスト入門


 「Googleアナリティクスを使い始めたのはいいものの、どこを見ればいいのかよくわからない…。」

「データだけでなくて具体的な改善案が知りたい…。詳しい人に相談してみようかしら。」

そんな方に是非とも紹介したいツールがあります。Googleアナリティクスの性能を120%発揮するために、今回は「AIアナリスト」について理解を深めていきましょう。

AIアナリストってなに?

 「AIアナリスト」とは、株式会社WACULが提供している無料のアクセス解析ツールです。Googleアナリティクスのデータと連動することで、自動で人工知能がデータを集計し、解析を行ってくれる優れモノです。

Googleアナリティクスで得られる情報はあくまでも生のデータです。そのデータを適切に分析し、改善に移さなければ目標とするコンバージョンの達成には至りません。AIアナリストはそうした生のデータを解析し、「○○のページを見てくれるユーザーをもっと増やそう。」「Twitterから訪問するユーザーをもっと増やそう。」など、具体的な改善案にまで落とし込んでくれるのです。設定も簡単なうえ、無料で導入できるため、多くのユーザーが利用しています。

 今回はそんなAIアナリストの機能を「提案」「評価・予測」「調査」という3つの側面から紹介いたします。

提案機能とは

 このツールの1番特徴的な機能と言ってよいでしょう。AIアナリストが自動でサイト全体を巡回し、根拠となるデータとともにサイト改善のための具体案を提示してくれます。アドバイスが明瞭簡潔で図も豊富なため、次に何を実行すればいいのか非常にわかりやすいです。Googleアナリティクスで得たデータをAIアナリストが的確に分析してくれるので、サイト担当者は改善のアクションのみに注力できるというのも大きなメリットです。

評価・予測機能とは

 現状のデータや評価をしてくれるだけでなく、そこから未来を予測し、事業の計画策定をサポートしてくれます。未来に関する情報が増えれば、来期の目標設定に向けてどのくらいの予算が必要なのか、どの時期にキャンペーンを打てば効果的なのか等もより正確に把握できます。

調査機能とは

 調べたいページのURLを入力すると、人工知能がデータを集計して、該当ページの課題を教えてくれます。新規製作ページの貢献度チェックや、改善したページの効果検証を手軽に実施でき、ページ単位の効果検証に大きな力を発揮します。

 例えば下の画像では、特定のページを経由した場合とそうでない場合とでのコンバージョン達成率(CVR)の比較をしてくれています。

気になる価格帯は?

 ここまで便利だとどうしても導入の価格帯が気になってしまいますよね…。料金としては、人工知能のしてくれた提案を見るまでが無料プランで、詳細な根拠データなどを確認したい際は有料プランへの移行となります。有料プランは基本的に月額40000円での利用となるようです。参考までに、同程度のクオリティの分析や提案を人のコンサルに頼むとなると、軽く10倍の費用がかかってしまいます。通常のコンサルの1/10でコストが抑えられるのであれば、個人的にはかなりお得なサービスだなーと感じます。

AIアナリストのまとめ

 全ては紹介できませんでしたが、AIアナリストの基本的な機能については知っていただけたかと思います。現代のウェブサイト運用においてアクセス解析をしないことは、「スピードメーターを見ずに車を運転することだ」などと言われたりもします。それだけ重要なアクセス解析ですが、せっかくGoogleアナリティクスで手に入れたデータも、具体的な改善に繋げられなければそれは宝の持ち腐れです。AIアナリストの「提案」「評価・予測」「調査」機能を導入することで、より良いサイト運用が可能になるかもしれませんよ。

・アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」

アクセス解析の人工知能「AIアナリスト」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twenty + 17 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)